子育て

おんなのこだから・・・ワールド・ビジョン・ジャパンで性差別をなくすために私にできること

ワールド・ビジョン・ジャパン

ワールド・ビジョン・ジャパンってご存知ですか?

特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパン

ただ物資を送るたけでなく、
子どもを取り巻く環境を改善するのが
『チャイルド・スポンサーシップ』の目標。
長期的なサポートで、
支援地域の「生きる力」を引出し、
子どもたちに学ぶ楽しさ、
未来を夢見る充実感を届けます。

チャイルド・スポンサーシップというのは、私達の寄附で開発途上国などに住む1人の子供に、ずっと支援をすることができる仕組みです。

どこでどのように使われるかわからない寄附よりも、明確になっているこの仕組み。

支援することになったチャイルドからは、手紙のやり取りができるようになったり、現地へ会いに行けたりもします。

今、公式サイトのトップページに紹介されているのは、カンボジアに住むセニャンちゃん10歳。

毎日、生活のために川にでて、船で漁をしています。学校には行っていません。

10歳といえば日本なら小学生。

学校に行って遊んで食べて眠る、そんな普通のことができず、空腹のまま働いて、ただ眠る毎日をすごしている子どもたち。

世界にはまだ、おんなのこだから、早く結婚して子供を産んで育てるためだけの生活で、学校にも通えない女の子がたくさんいるんです。

そんな性差別、そんな貧困生活が、まだまだたくさんあるんです。

ワールド・ビジョン・ジャパンではそんな貧困や性差別に苦しむ子どもたちのために、寄付を募り、子どもたちの支援に力を尽くしてくれています。

私はまだ一人のチャイルドも支援できていなくて、心が痛みます。

でも、お金の余裕があるとき、たまに行われている単発の寄附をするようにしています。

外国の子どもたちのために、支援してもいいなと思われる方は、ぜひこちらの公式サイトを御覧くださいね。

チャイルド一人への支援につき月4,500円です。

名称 特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパン
所在地 〒164-0012 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー3F
連絡先 03-5334-5350 (代表)  0120−465−009 (ご支援窓口)
公式HP https://www.worldvision.jp/
特徴 チャイルド・スポンサーシップという、支援する子供と1対1の付き合いができるのが特徴。
支援するチャイルドは自分で対象の国や男女別、年齢などを選ぶこともできます。

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です