腸内環境改善

腸内環境を改善すると得られる美容効果とは?ポッコリお腹解消、美肌効果も♪

腸内環境改善して美容効果

お腹に便が溜まって下腹部がぽっこりしてしまうお悩み。

お腹が苦しいし、ご飯も美味しく食べられなくなるのでとても不快な症状ですよね。。。

体内に便がたまると、体の内側や外側、全身に不快な症状がでてきてしまうので、なるべく早いタイミングで改善しておきたいです。

そこで、どうやってぽっこりおなかを解消したら良いのか?

またそれによって期待できる美容効果なども調べてまとめました。

腸内環境が悪いとカラダにどんな影響が?

腸内環境を改善しよう

腸内にはたくさんの常在菌(じょうざいきん)が住んでいます。

その数、数千種類以上!!

これらは3種類の細菌群に分けることができます。

  1. 善玉菌(ぜんだまきん)
  2. 悪玉菌(あくだまきん)
  3. 日和見菌(ひよりみきん)

通常、日和見菌:約70%、善玉菌:約20%、悪玉菌:約10%の割合で腸内に存在しています。

しかし、悪玉菌の数が増えてくると腸内環境が悪化し、カラダに様々な悪影響を及ぼすのです。

腸内の常在菌の割合が変わってくることでおこる不快な症状はこんなにたくさんあります。

  • 便秘
  • 下痢
  • 腹痛
  • 肌荒れ
  • ニキビ・吹き出物
  • おならの臭い
  • 口臭
  • 免疫力の低下
  • アレルギーやアトピー
  • 代謝の低下

腸内環境を整えると得られるメリット

腸内フローラ

腸内の常在菌のバランスを整えることを「腸内フローラを改善する」とも言いますね。

腸内フローラとは、腸の中に住み着いている常在菌の群れが、菌の種類ごとに集まって色とりどりの群生をなすお花畑のように見えたことから言われるようになりました。

腸内のお花畑は、どれか1種類だけが優勢では効果がありません。

様々な種類の菌がたくさん集まることで、様々な恩恵が与えられるんです。

そのためにも、どれか1つの種類の菌だけを取り入れるのではなく、色んな種類の菌を摂取するように心がけることが、腸内フローラの環境を整えることになります。

腸内環境を改善すると、便秘や下痢などの症状だけでなく、お肌や美容・ダイエットへの効果も期待できるのです。

腸内環境改善で期待できる効果

  • 便秘・下痢の改善
  • 口臭・おならなどのニオイ改善
  • ダイエット効果
  • 美肌効果(ニキビや吹き出物)
  • エイジングケア

腸内環境改善に有効な方法

腸内環境改善して善玉菌を増やす方法

腸内環境改善に最も大切なことは、食物のカスをなくし、善玉菌を増やすことです。

腸内に栄養として吸収されずに残ったカスが長時間残っていると、腸内で腐敗しガスを発生させます。

その腐敗ガスがおならや口臭の原因となるんです

また、腐敗した成分を腸から吸収してしまうことで、排出器官でもある皮膚に吹き出物などとして影響してしまうこともあります。

食物のカスがすぐに便として排出されるようにするためには、腸の働きを活性化させること。

そのためには善玉菌にはビフィズス菌をはじめとする乳酸菌や、納豆菌、酵母菌、麹菌などを腸内に増やして、腸の働きを活性化させるサポートをして貰う必要があります。

善玉菌を増やすにはどうする?

ヨーグルトで善玉菌を増やす

腸内の善玉菌の働きを良くするための手段はこちらです。

  1. 食べ物で善玉菌をとる
  2. 食物繊維をとる
  3. サプリメントで善玉菌を増やす
  4. 善玉菌にエサを与える
  5. ストレス発散する

善玉菌が入っている食品といえば、ヨーグルトを思い付くかもしれませんが、お漬け物やキムチなど酸味のある食品にも乳酸菌は多く含まれているんです。

また味噌や醤油、納豆などの発酵食品なども善玉菌の仲間。

いろいろな種類の菌をバランスよく食べ続けていることが大切なんですね。

食事のバランスを注意して毎日を過ごせるのが一番いい方法なのですが、毎日の献立を考えるのも難しいものです。

そんなときはサプリメントや酵素ドリンクなど、いろいろな種類の菌を取れる手段を用意してみるのも方法のひとつです。

毎日ヨーグルトを1個食べるときにも、同じメーカーのヨーグルトではなく、違うメーカーのヨーグルトを選ぶようにしましょう。

使われている乳酸菌・ビフィズス菌の種類が違っている方が、腸内フローラを改善しやすくなります。

今すでに腸内に住んでいる善玉菌の餌となる「オリゴ糖」を一緒にとってあげると、より腸内環境改善に効果的ですよ!

腸内のお掃除には食物繊維も効果的

善玉菌の増やし方

食物繊維豊富な食事にすることも、腸内環境改善に有効です。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維、バランス良く取れるのが理想ですよね。

水に溶けやすい水溶性食物繊維は、海藻類やきのこ、こんにゃくなどからとることができます。

便の中で水分を保持してくれるので、詰まった便の排出を助けてくれる働きがあります。

水に溶けにくい不溶性食物繊維は、腸内に直接刺激を与え、こびりついたカスを落としたり、便のカサをまして排出を促すサポートをしてくれます。

野菜や穀物などからとることができます。

栄養バランスを考えた食生活でストレスをためず、睡眠時間もたっぷりと。

理想の生活を意識することは大切ですが、無理なく腸内環境改善に取り組みましょうね

流行りの「菌活生活」で、脱ぽっこりおなか!

腸を綺麗にしてお肌も体もきれいになりましょう(*^^*)

おすすめ!乳酸菌配合サプリ

→→ 乳酸菌配合アイテム一覧

善玉ガード miteteキッズサプリ コンブチャスリム 菌活美人ステラ乳酸菌生酵素

おすすめ!食物繊維豊富なアイテム

→→ 食物繊維配合アイテム一覧

濃い藍の青汁 ミルミルミチル ミリオンの緑黄色野菜ジュース 黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

 

広告エリア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です