グレーテルのかまど

グレーテルのかまど|11月12日放送「メキシコ “死者の日”のパン」

グレーテルのかまど「死者の日のパン」

今回はメキシコの「死者のパン」が登場します(*^^*)

死者のパン?!

死んだ人にお供えするパンなのでしょうか?ちょっとわからないので、興味あり!

番組名 グレーテルのかまど
チャンネル Eテレ
放送日時 毎週月曜日  ~ 
再放送 ~ 
出演者 【出演】瀬戸康史,【声】キムラ緑子
レシピ http://www.nhk.or.jp/kamado/recipe.html

グレーテルのかまど|11月12日放送「メキシコ “死者の日”のパン」

グレーテルのかまど「死者の日のパン」

死者の日に食べるパンの意味は?

死者の日に食べるパン「パン・デ・ムエルト」には、死者への哀悼の意が込められていました。

骨の形を模した飾りや敬意を払うための柑橘系の味付け。

頭蓋骨や涙をイメージした飾りがあったり、日本ではあまり考えられないデコレーションを施されたパンたち。

見た目はだいぶアレですが、とても美味しいパンなんだそうですよ!

そのほかにも、骸骨のかたちのクッキー。

グレーテルのかまど「死者の日のパン」

骸骨そっくりなケーキ。

アイシングで飾り付けや、名前を書いてもらったりするんですって。

グレーテルのかまど「死者の日のパン」

メキシコの風習「死者の日」

グレーテルのかまど「メキシコの死者の日のパン」

メキシコでは、10月31日、11月1日、11月2日に「Dia de Los Muertos(死者の日)」という日本のお盆のようなものがあります。

この間はメキシコ全土で盛大な祝祭が行われ、観光客も沢山集まります。

10月31日は前夜祭&ハロウィンとしてお祝い。

そして、11月1日は子供の魂が、2日は大人の魂が死者の国から現世の世界に戻る日なんですって。

日本のお盆のように神妙な感じではなく、骸骨メイクをしたり仮面をかぶって踊って練り歩いたり、カラフルなお花で祭壇を飾り、お墓で故人について語り合ったりと、陽気なお祭りなんだそうです。

私は訪れたことがないのですが、テレビでみたことがあるような気がしました。

グレーテルのかまど「死者の日のパン」

ハロウィンにも通じるものがあるのかな?

メキシコではかぼちゃはおやつになるみたいですよ。

かぼちゃの甘煮みたいなんですが、きび砂糖とシナモンの味付けみたいです、甘くて美味しそう!

グレーテルのかまど「死者の日のパン」

なんでガイコツ?メキシコの独立と死者への思考

グレーテルのかまど「死者の日のパン」

死者の日のガイコツメイクやガイコツのお菓子・パンはそもそも、死んだらみんな同じ・平等だというメッセージがあるようですね。

メキシコはかつて、マヤ文明やアステカ文明といった高度な文明を持っていました。

でも、スペインによる侵略で滅亡。その後は長い間メキシコは他国に支配されていました。

そんな状況から脱却しようと起こった独立戦争。

ホセ・グアダルーペ・ポサダという版画家は、ガイコツの版画を作って風刺していたんですね。

大統領も貴婦人も支配者も奴隷もみんな、死んだら同じガイコツの姿になるんです。

メキシコ人としてのアイデンティを守るということは、先祖の存在に感謝することにも繋がります。

死者の霊が帰ってくる死者の日は、賑やかなお祭りとして祝う、嬉しい日になったんですね。

日本のお盆も、盆踊りで楽しくお祭りしますから、考え方が世界とつながってるな、と感じました。

ヘンゼルが作った死者の日のパンは?

ヘンゼルが作るのはどんなパン?

メキシコの死者の日のパンの作り方をならって、アニスとオレンジの香りが爽やかな、骨型の飾りをつけたパンを作っていました。

牛乳と生クリーム、コンデンスミルクを加えた柔らかい生地をこねてこねて。

グレーテルのかまど「死者の日のパン」

伸ばすの大変そう。。。

グレーテルのかまど「死者の日のパン」

指の間を使って、骨型の飾りを作ります。

グレーテルのかまど「死者の日のパン」

表面に卵の黄身とグラニュー糖で飾ったら、

外はカリっと。なかはふんわり♪な死者のパンの完成!

グレーテルのかまど「メキシコの死者の日のパン」

美味しそうなパンが出来上がりでした!

グレーテルのかまどで紹介していたスイーツのレシピはこちらからどうぞ

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です