グレーテルのかまど

グレーテルのかまど|12月3日放送「スペイン”幸せのポルボロン”」

グレーテルのかまど|12月3日放送「スペインの幸せのポルボロン」

今回はスペインのお菓子「ポルボロン」をヘンゼルがつくります。

ポルボロンってなんだろう?

予告ではサックサク!と言ってたので、アーモンドボールみたいな感じなのかな?

番組名 グレーテルのかまど
チャンネル Eテレ
放送日時 毎週月曜日  ~ 
再放送 ~ 
出演者 【出演】瀬戸康史,【声】キムラ緑子
レシピ http://www.nhk.or.jp/kamado/recipe.html

グレーテルのかまど「幸せのポルボロン」

グレーテルのかまど|12月3日放送「スペインの幸せのポルボロン」

口に入れれば、ほろほろ崩れる魅惑の食感!スペインのクリスマス菓子ポルボロン。アンダルシアの小さな村で生まれ、国中で愛され続ける素朴な焼き菓子にヘンゼルが挑戦!

一つ一つ紙で包まれたクッキーのような焼き菓子・ポルボロン。口に入れればほろりとほどけ、強くつまめばそれだけで崩れてしまいます。そんなお菓子が生まれたのはスペイン南部のエステパ村。修道院で作られていた焼き菓子を、村の女性ミカエラが改良したのが始まりです。今も、スペインのポルボロンの9割が作られるという村の情景と共に、伝統のクリスマス菓子の物語をひもときます。

ほろほろのアーモンドクッキー「ポルボロン」って?

グレーテルのかまど|12月3日放送「スペインの幸せのポルボロン」スペイン生まれのクッキー「ポルボロン」は、その名前を3回唱えれば願いが叶うとも言われる魔法のお菓子です。

「たくさんの粉」という意味の名前を持つ「ポルボロン」

サックサクでほろほろのアーモンドクッキーということで、アーモンドボールとかと同じなのかな?と思いました。

まだ食べたことがないのですが、クックパッドなどにはレシピがけっこう投稿されていて、人気のお菓子なんですね。

「ポルボロン」と3回唱えると願いが叶うなんて、素敵なお菓子なんですね(*^^*)

スペインの田舎町エステパで最初に作られ、今ではスペインのクリスマスを代表するお菓子なんですって。

ヘンゼルが作ったポルボロンは?

ヘンゼルが作るのは小麦粉とラード、アーモンドパウダーとシナモンパウダーを使ったサクフワポルボロンです。

グレーテルのかまど|12月3日放送「スペインの幸せのポルボロン」

驚くほどのほろほろのために、小麦粉を炒って水分を乾燥させるのがポイントだそうです。

茶色くなった小麦粉に、アーモンドパウダーとシナモンパウダーを混ぜます。

バターの代わりにつかうラードが、これまたサクサクのもとになります。

グレーテルのかまど|12月3日放送「スペインの幸せのポルボロン」

型抜きもそーっとしないと崩れてしまいそうな柔らかさなのですって。

焼き上がったら、粉砂糖をかけて、キャンディみたいに紙でくるむと完成です。

ミオママ
ミオママ

サクサクのほろほろのポルボロン、食べてみたかった!!

グレーテルのかまどで紹介していたスイーツのレシピはこちらからどうぞ

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です