女性のお悩み

更年期障害はいつまで続く?症状を緩和するための方法とおすすめのアイテムは?

更年期障害はどのくらい続くのか?

更年期の症状ってどれくらいの期間、続くんでしょうね。

私も40代。後半にさしかかろうというアラフォーからアラフィフへの境目世代は、戦々恐々としています。

いつ来てもおかしくないし、いつまで続くのか不安で不安で。。。

更年期の自分と楽しく向き合うアイデアもご紹介しますね。

更年期障害っていつからいつまで続くの?

そもそも更年期障害とは、閉経する前後5年位の時期に起こる心身の不調のことです。

日本人女性の閉経の平均年齢は約50.5歳。

なので、平均的な更年期の症状が出ている期間は45歳〜55歳くらいですか。

でも、最近では30代くらいの女性でも更年期症状があらわれる人も増えているんですって。
そういった方は「若年性更年期障害」と呼ばれています。

ミオママ
ミオママ

生理不順を放置していると、更年期のような症状がみられることがあります。
放っておくとそのまま閉経する場合もあるそうですよ!!気をつけたいですね。。。

30代後半など43才未満で閉経することを早発閉経といいます。

生理がなくなってラッキーなんて思っていると、早くから更年期症状があらわれたり、骨がもろくなり骨折しやすくなったりします。

妊娠しづらくなったり、髪の毛がぬけるなどの様々な症状が現れますので、生理不順を放置しないで婦人科で女性ホルモンを補うなどの治療を受けることをおすすめしますよ!

更年期の様々な症状とその対策について

更年期の症状は人によって色々あるので、これが更年期!そしてこの薬が効く!と言えないところがあります。

でも、きっかけはちょっとしたところからわかることがあります。

今までより疲れやすくなった

ちょっとしたことでイライラする事が増えた

こうした、「今までよりちょっと違う自分」、を自覚するとき、それが更年期の始まりかもしれません。

更年期にはホルモンバランスが崩れてくることで、体の機能がすべて落ちてくるんです。

なので、急に体の中が変化しても、ついていけないですよね?

それが不調の原因なんですよ。

たくさんの不調が起こるのが、更年期の辛いところなんですよね。

更年期障害の主な症状

【血管運動神経の異常】  のぼせ ほてり 動悸 息切れ

【精神神経の異常】  頭痛 頭重感 めまい 耳鳴り 物忘れ 判断力低下 集中力低下 不眠 不安感 恐怖感 疲労 倦怠感

【泌尿器・生殖器系の異常】  頻尿 排尿異常 膣炎 性交障害

【運動器官の異常】    肩こり 関節炎 腰痛 筋肉痛

【皮膚・分泌系の異常】    発汗 唾液分泌増加 口内乾燥感 皮膚や粘膜の乾燥 膣炎 皮膚のかゆみ

【消化器系の異常】  食欲不振 吐き気 便秘 下痢 のどのつかえ

【知覚障害】  しびれ 知覚過敏 蟻走感[ぎそうかん](皮膚をアリがはっているような感じがすること)

出典:ユニ・チャーム「sofy」

更年期症状がとても辛くて生活に支障をきたしている時には、まよわず婦人科への通院もしてくださいね。

更年期障害の対策に効果的なのは「自律神経を整えること」

「自律神経を整える」というと更年期障害と結びつかないような気がしていたんですが、若いうちからこのことに注意をしていると、「のちのち楽になる」可能性があるんだそうです。

自律神経を整える方法としては、適度な運動とあとこれはテレビで言っていた受け売りですが、「自分を客観視すると自律神経が整う」ということがあるんだそう。

更年期の時期の自分は、「今までできていたことができなくなる」のが辛いんですよね。

疲れやすくて掃除がけが億劫だったり。

のぼせるからお出かけしたくなかったり。

自分が怠けてるからではなく、本当に辛いんですよね。
今までできてたのにできない自分が辛いんですよ。。。

無理しないことが大切なのに、頑張ってしまうのから余計に悪化しちゃうんです。

こうしなきゃ!こうあるべき!といった思考回路だと、自分を追い込んで余計に症状が悪化するんですって。

さぼるのではなく、やることとやらなくて良いことをうまく振り分けることが大切なんです。

ミオママ
ミオママ

更年期症状が辛いときには「なまけ上手」になること!

自分にプレッシャーをかけないことが大切ですよ!

自分を客観的に見るための「3行日記」を書いてみよう!

自律神経を整えるために日記をつけよう

自分を客観的に見て、頑張りすぎたりプレッシャーを与えたりしないようにするためには、まず自分を知ることが肝心ですよね。

若いときにできたことがすべて最高ではなくて「今じゃないとできないこともある」

今の自分を受け入れることが大切なんです。

日記を書く、と言っても、たくさん書かないと!って思ったら続かないし、ストレスにもなっちゃいます。

そこで。

3行だけ書くこと。

自分を客観視すると自律神経が整うので、3つの書くことを決めてそれを毎日書いていってみましょう。

<自分を知ろう!3行日記>の内容

  1. その日良かったことを書く
  2. その日失敗したことを書く
  3. 2日前の夕食を思い出して書く

参考出典:カラダが変わる! 自律神経セルフケア術 (趣味どきっ!)

①その日良かったことを書く

自分にとって気持ちよかったこと、してもらってうれしかったことなどを簡単に書きます。

②その日失敗したことを書く

悪い気持ちを外に出すことでスッキリさせる狙いがあります。
心の中でモヤモヤしてる気持ちは書いたら「バツ」をつけて、リセットしちゃいましょう。

③2日前の夕食を思い出して書く

記憶したものを思い出す訓練をするために書いてみましょう。

どうしても難しかったら昨日の夕飯でも、今日のランチでもOK。

食べたものを思いだすだけだと、よほどの記念日でもないと覚えてないので、その日1日を順に思い出して見ると夕飯が思い出せる可能性が高いです。

1日を振り返ることは自分を第三者的に見られるので自律神経が整うんです。

ココで注意!

「日記はできるだけ手書きで書こう!」

手を動かすこと、そして「呼吸を意識して姿勢を正して」書くことが大切ですよ!

1日のリセットをする行為として、寝る前のタイミングで3行日記をつけていくのがグッドです。

自律神経を整える「体を広げる運動」

自律神経を整えたいときには、体を広げる運動をするのが効果的ということで、NHKの「趣味どき!」っていう番組では体を広げる運動をおすすめしていました。

更年期障害に悩む女性の特徴として、体がちぢこまってたり肩が内側に入ってる「巻き肩」になってたりするそうで、胸を大きく広げて息を吸い込むだけでも違います。

自律神経を整える運動とは
  • 開脚ももあげ
  • 全身回旋運動

両手をクロスしてから体全体を大きく回す全身回旋運動は、肩こりにも効きそう!

開脚もも上げも片足立ちがつらいときは無理しないでちょっとずつ回数を増やしましょう。

理想は両足10回づつなんですけどね。

血流がアップするので、手足の冷え性に悩む女性にもおすすめです。

▼NHK「趣味どき!」の放送内容は本になっています▼

更年期の時期にオススメのアイテム

更年期でイライラを解消するためのアイテムをいくつかご紹介します。

更年期のイライラにバラのルイボスティー

更年期障害にルイボスティー<準備するもの>

  1. ルイボスティーの茶葉orティーバッグ
  2. バラの花のジャム(いちご・いちじくでもOK)
  3. ローズマリーの葉(1本)

<作り方>

  1. ルイボスティーを淹れたティーカップに、ジャムをスプーン1杯いれます。
  2. ローズマリーの葉を少しもんでからお茶をかき混ぜます。

ジャムとローズマリーの風味がついて美味しい「リラックスルイボスティー」の完成!

リラックスバスタイムに「オブクレイ」

天然温泉入浴剤オブクレイ

バスタイムにリラックス効果を!といえばやっぱり入浴剤♪

好きな香りのバスボムや温泉気分になれる入浴剤はたくさん常備していますよ!
こちらは「別府温泉の湯の花」を使った入浴剤で「ofclayオブクレイ」です。

温泉気分ではなく、本当の湯の花のエキスをつかった薬用入浴剤なので、おはだもつるつる。無香料なんですけど、スッキリとした湯上がり感が楽しめるのでシーズン問わず夏でも入れる入浴剤になっています。

▼60g入り6袋セットで1,440円でお試しできます!▼

別府温泉の天然湯の花をつかった入浴剤「オブクレイ」公式サイトはこちらから 商品レビューはこちら>>

話題のエクオールサプリ「ノムダス」

エクオールサプリメント「ノムダス」

エクオールというのは、女性ホルモンに似た働きをすると言うことで有名な成分。
イソフラボンが効かない女性にも効果があるということで話題です。

大豆イソフラボンが体に吸収されて変化した「エクオール」が女性ホルモンと似た働きをしてくれるのですが、このイソフラボンを作り変える力のない女性は二人に一人!実に半分の女性は大豆イソフラボンをとっても効果なし!ってことだったんですね。

そんな私のような女性にも効果を発揮してくれるエクオールが入ってて、さらに!自分の体の中でエクオールを作れる体にしてくれるのがこの「ノムダス」というサプリメント。

更年期真っ最中の方からこれから不安の女性にも。和漢植物エキス配合で安心成分で出来ていいます。

▼今なら1,260円でお試し中!!▼

更年期のお悩みに効果アリと口コミで話題の【ノムダス】購入はこちら

商品レビューはこちら>>

あとは、ちょっとしたことですが、自分だけのお守りを身に着けたりそばに置くのも、簡単ですが、やってみるとちょっと違うかも(*^^*)

ミオママ
ミオママ

更年期なんか笑い飛ばせる毎日をすごしましょう!!
更年期なんかに負けないで 無理せずクヨクヨせずなまけ上手になりましょ♪

更年期障害気になるチェック

更年期障害が気になる人はこちらをチェックしてみてください。

当てはまるものが多かったら、無理せずに。

我慢しないで婦人科を受診したり、サプリメントなどで対策を心がけてくださいね。

  1. 顔がほてる
  2. 汗をかきやすい
  3. 腰や手足が冷えやすい
  4. 息切れ、動悸がする
  5. 寝つきが悪い、眠りが浅い
  6. 怒りやすく、イライラする
  7. くよくよしたり、憂うつになる
  8. 頭痛、めまい、吐き気がよくある
  9. 疲れやすい
  10. 肩こり、腰痛、手足の痛みがある
あわせて読みたい
女性ホルモンの減少でもの忘れ!?アサイチで言ってた更年期症状の改善について
記憶力が急に悪くなった?!女性ホルモンの減少でもの忘れが増える!アサイチの特集からもの忘れ。 閉経前後の女性の40%が覚える更年期症状の一つなんだそうです。 実は私も、「年だからもの忘れが増えてきたんだ〜、嫌だなあ...
あわせて読みたい
キッコーマン基本のサプリ
プレ更年期も間近の対策に!キッコーマンの基本のサプリの効果は?プレ更年期って知ってました? 更年期障害に悩むお年頃は、閉経前後10年間45〜55歳くらいの時期の女性が一番多いらしいんですが、それよ...
あわせて読みたい
キレイ・デ・エクオール
話題のエクオールサプリ【キレイ・デ・エクオール】はPMSや更年期のイライラに効果がある?話題のエクオールがとれるサプリ「キレイ・デ・エクオール」を調べてみました。 NHKのアサイチで見て以来、興味を持っている「エクオール」...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です