UV対策

サンタンとサンバーンって?違いを知ると日焼け止めの選び方がわかる!

UV対策「サンタンとサンバーンの違いとは?」

日焼け止め成分が入っているアイテムには、SPFとPAという2種類の表記がありますね。

これが日焼け止め成分の効果を数値にして表している表示だということは知っていましたか?

この数値が大きいと、どんなことに効果があるのか?

それを知るためにはまず、日焼けという症状にも種類がある、ということから説明しますね。

日焼けの種類とは?紫外線の波の違いについて

紫外線対策

紫外線にはUV-A波とUV-B波という2種類の波長があります。

※正確にはもう少しあるんですが、肌への日焼けに関連するのはこの2つがメインです。

2種類の紫外線は、それぞれ異なっていて、地表へ届く強さも違います。

UV−A 波の特徴

1年中地表に降り注ぎ、じわじわと日焼けをおこすのが、UV-A波。

熱量は少ないので暑さを感じにくいのですが、窓ガラスを通り抜けて部屋の中まで届く、波長の長さが特徴です。

その量は、UV-B波のおよそ30倍!

じわじわと低温で焼かれていると思ってくださいね。。。

ふと気がつくと日焼けして色が違ってる!という症状を引き起こすのは、おもにこのUV-A波です。

じわじわと届くUV-A波は、皮膚の真皮層にまで到達し皮膚の繊維を破壊してしまうため、シワやたるみの原因となってしまうんですって(汗)

UV−B波の特徴

UV-B波は、春から夏にかけて特に降り注いでいる、強烈なエネルギーを持った紫外線です。

日に焼けたときに皮膚の表面が赤くヒリヒリとしたやけど状態になったり、水ぶくれ皮向けがおこるのは、このUV-B波にあたったから。

高温のガスコンロに乗っけられたみたいな感じでしょうか(^_^;)

赤みはやがて落ち着いてきますが、そのあと皮膚は褐色になっていきます。

これは、紫外線が皮膚の奥に届くのを防ぐために、メラノサイトという細胞が紫外線を吸収して褐色に変化したためなんです。

若い頃は夏に日焼けしても、冬には元の肌色に戻っていたと思うのですが、だんだん戻りづらいな、とか、シミやくすみが出てきた!なんてことに気が付きませんか?

そう、年とともにお肌の生まれ変わり「ターンオーバー周期」が乱れてしまうからですよね(^_^;)

また、褐色に変化したメラノサイトは通常ですと色素の発生をやめてくれるんですが、働きが乱れてずっと褐色の色素を出し続けてしまうことがあります。

そうすると、その部分の皮膚だけがずっと茶色いまま。。。そう、しみになってしまうんですね(^_^;)

お肌の生まれ変わりをしている「ターンオーバー」の周期が乱れている人は、このシミや褐色の皮膚が残り続け、シミやくすみの原因となってしまうんですって。。。

強いエネルギーを持ったUV-B波ですが、地上に降り注ぐ量はUV-A波に比べて少なく、日焼け止めクリームや衣服などで防ぎやすいのも特徴です。

日焼けの症状はこんなにもある

2種類の紫外線が影響を与えていることもあり、日焼けには様々な症状があります。

  • 皮膚が褐色になる
  • 皮膚が赤くなる
  • 水ぶくれができる
  • シミができる
  • 肌がくすむ
  • シミができる
  • シワができる
  • 髪の毛がぱさつく/痛む
  • 目が日焼けする

それぞれ、紫外線の種類によって異なる症状になってきますので、改めて見ていきます。

日焼け・紫外線対策はどうする?

肌が褐色になる!サンタンとは?

「サンタン」とは、皮膚が日に焼けて褐色になる症状のことです。

こんがり小麦色の肌が人気だった一昔前、サンタンオイル(日焼けオイル)を塗って日焼けサロンで焼いてる人、女性でもたくさんいました。

今もいらっしゃいますが。有名料理店のシェフとか?

サンタンは主にUV-B波が皮膚の表皮の基底層にある、メラノサイトを刺激することで起こります。

皮膚の奥にできてしまった褐色のシミのもとは、やがてターンオーバーで皮膚の表面からはがれ落ちます。

ですが、ターンオーバーの周期には個人差があり、年齢差がでてきます。

30代~40代になると年齢プラス10日なんてことも。

さらに、50代以降になると、20代では1週間で治るかさぶたが、3週間もかかるなんてことも。。。

メラノサイトは時折暴走し、シミのもとを作り続けてしまうことがあり、いくらターンオーバーしても治らないシミができる原因ともなっています。 

サンタンとサンバーンの違い

さらに、サンタンはUV-A波も原因になります。

曇りの日や窓ガラス越しにも降り注いでいるUV-A波は、うっかり日焼けを引き起こしやすいのが特徴です。

雨の日でもわずかではありますが、地上に降り注いでいるんですよ!!

シワやたるみも、サンタンの影響によって起こっていることが多いんです。

サンタンの影響を防ぐには?

シワやたるみの原因となるサンタン。

サンタンの症状を防ぐには毎日の紫外線を抑えることが大切です。

日焼け防止成分の入ったクリームなどの表記にはSPFとPAの表記がありますが、サンタンを防ぐには「PA」の表示をチェックします。

サンタンを防止するにはPA++

1年中降り注ぎ地表に届く、長い波長のUV-A波に対抗する効果を数値で表したのが「PA」です。

PA++と表示のあるものが、もっとも強い防止効果があります。

最近はPA++++とプラスが4つついた商品もありますよ!

サンバーンは「暑い!!」と感じるのでわかりやすいんですが、サンタンはじっくりこんがり焼かれるイメージなので、ついうっかり焼けてから気がつくことも多い、やっかいな日焼け症状です。

PAの数値はかならずSPFとセットで書かれていると思うのですが、生活紫外線対策、などとうたわれていることもあるので、見つけやすいと思います!

サンタン対策は真夏だけでなく、1年中の紫外線対策になるので、SPF値が高くなくてもPA値は++のものを選ぶと良いと思います。

しかし、日焼けは首の裏側から手・足の甲、ひいては唇や眼球も日焼けを起こすと言われています。

そんなところにまで日焼け止めクリームを塗るのは、実際は不可能ですよね。。。

また、お肌が敏感でUVクリームは塗れない!という方もいらっしゃいます。

そういう方にもオススメなのは、日焼け止めサプリメントを上手に使うこと。

飲む日焼け止めは最近メジャーになりつつある紫外線対策の一つです。

体の中から日焼け防止ができるのでオススメです。

「やけど」に注意!サンバーンとは?

UV対策

「サンバーン」とは、「サン=太陽」と「バーン=やけど」からつくられた言葉です。

文字通り太陽の光によってやけど状態になってしまっている状態を言います。

真夏の海辺で日に焼けると、赤くなってヒリヒリといたんできますよね。

ひどくなると水ぶくれができて皮がむける、といった症状です。

これはやけど状態です!!

このサンバーンは特に怖い症状なんです。

紫外線のエネルギーによってダメージを受けた細胞は、誤ったDNA情報を作り出してしまうことがあり、これが皮膚ガンのもととなってしまうそうなんですね。 

いわゆる白色人種や、日本人などの有色人種でもメラノサイトが少ない、白い肌の人などは、特にこのダメージを受けやすいため、皮膚ガンになる確率が高いと言われています。

ちょっとした日焼けでもすぐに真っ赤になって、皮がむけるけれど黒くなりにくいタイプの方は、特に注意が必要です。

子どもの頃に浴びていた紫外線の影響が、平均寿命が延びたことで年を取ってから症状に現れてくるケースが年々増えていると言われています。

シミもそうですが、過去に浴びた紫外線で気がついたら症状がでている!なんて、怖すぎます(´・ω・`)

サンバーンの影響を防ぐには?

「やけど」状態から皮膚がんの原因になるとも言われるサンバーン。

サンバーンの原因となるUV-B波には、「SPF」という表記で対策します。

SPFの数字が多いほどその日焼け防止効果が高くなり、20、50、50+などといった表示は店頭でもみかけることがありますね。

SPF50+がもっとも高い日焼け防止効果をもたらしてくれます。

日焼け止めクリーム

サンバーンを防止するにはSPF50+

強い日差しで肌を焼くサンバーン。

サンバーンの影響を防ぐには、とにかく暑い日差しには当たらない!

ですが、そんなことは言ってられないですよね(^_^;)

日傘やUVカット手袋をしたり、SPFの数値が高いクリームなどのアイテムでお肌をガードします。 

直接塗る日焼け止めクリームは、紫外線が肌の奥に侵入するのを防いでくれるので有効です。

ただ、日焼け止めクリームはその成分の性質上、効果が持続しません。

クリームの中に含まれる「紫外線吸収剤」がお肌に当たる紫外線を代わりに吸収して防いでくれるのですが、吸収するための化学変化をし続けるため、ある程度の時間で効果が失われてしまうのです。

SPFの数字によっても違いますが、2〜3時間おきくらいには塗り直しが必要となります。

また、塗ってから30分位はお肌に馴染むまでの時間がかかり、効果が発揮されません。

使用方法を間違えると、家に帰った頃には顔が日焼けで真っ赤!なんてことにもなりかねませんので、注意してくださいね(^_^;)

でも、体の中からの日焼け対策が可能であれば、日焼け止めクリームと2重で日焼け対策ができます。

塗り直しがなかなか難しい場合には、日焼け防止クリームと飲む日焼け止めサプリメントの2重ブロック、かなり日焼け防止効果を期待できると思います。

紫外線対策しないと危険!?光老化とは?

光老化とは?

サンタンやサンバーンの影響で起こる、シミ、シワ、たるみは「光老化」と呼ばれていて、肌の老化の3大特長と言われています。

 肌の衰えの大きな原因が紫外線によるダメージなんですね。

サンタンもサンバーンも、基本的には肌にうける紫外線量を減らし、日に焼けないようにすることが大切です。

光で肌が老化するから、「光老化」

怖いですね(^_^;)

ただ、まったく陽の光を浴びない生活をしていると、自律神経が乱れてしまい健康を害してしまうのも事実なので、朝の日の光を浴びたり、日光浴もしないと成り立ちません。

しかし、余分な紫外線ダメージは受けたくないのもまた事実なので、対策はばっちり!していきたいと思います!

日焼け止めクリームは、PA+、SPFは25以上あると、生活紫外線対策になります。

また、日焼け対策してない時のうっかり日焼けにオススメは飲む日焼け止めサプリ。

毎日の生活習慣に取り入れることで、急にお天気が回復してきて日焼けが!!なんて心配がなくなります。

毎日の習慣に日焼け止めクリームやBB/CCクリームと、飲む日焼け止め、オススメです。

うっかり日に焼けた!そんな時の対処法はこちら↓↓

日に焼けた!?うっかり日焼けにの対策に重要な方法4つとは?

うっかり日焼けをしないですむには?飲む日焼け止めサプリがオススメ!

急にお天気が回復してきて、日焼け止めクリームも日傘も持っていない!と慌てなくてもすむために、サプリメントで体の中からUV対策しておくという方法がありますよ。

毎日の習慣にしておくと、肌細胞を褐色にする働きがブロックされるので、うっかり日焼けで時計のあとや鼻の頭だけ日焼け、サンダルのあとが足の甲についた!!なんてことが防げます。

当サイトオススメの日焼け止めサプリメントはこちらです。

レビューもしていますので、参考にしてくださいね♪

オススメNo.1

リブランコート

リブランコート

日焼け防止成分に「フラバンジェノール」配合。

ホワイトポリフェノールとも言われるフラバンジェノールの抗酸化作用と、レッドオレンジ、アムラ、アサイーなど、紫外線対策にもなるフルーツの成分が配合されています。

商品名  リブランコート
紫外線対策成分 フラバンジェノール
単品価格 8,532円(税込)
定期購入 初回
2,133円(税込)
2回目以降
5,119円(税込)

公式サイト

レビュー記事はこちら

 

オススメNo.2

インナーパラソル16200forUV

インナーパラソル16200forUV

日焼け防止成分に「ニュートロックスサン」配合。

南スペイン産のシトラスとローズマリーエキスから抽出されたニュートロックスサンを7,500mg配合し、パインセラやコプリーノと言った紫外線対策成分とあわせ、16,200mg配合されています。

ニュートロックスサン7,500mgはトップクラスの配合量でオススメ。

商品名 インナーパラソル16200forUV
紫外線対策成分 ニュートロックスサン
単品価格 なし(3回継続)
定期購入 初回
1,069円(税込)
2回目以降
6,048円(税込)

公式サイト

レビュー記事はこちら

 

オススメNo.3

雪肌ドロップ

雪肌ドロップ

日焼け防止成分に「ニュートロックスサン」配合。

南スペイン産のシトラスとローズマリー葉エキスを配合することでうまれるポリフェノール「ニュートロックスサン」は、強い抗酸化作用で紫外線でダメージを受けた肌細胞の酸化を防いでくれるんです。美肌成分のコラーゲンや植物プラセンタなども配合されていて、体の内側からケアができますね。

商品名 雪肌ドロップ
紫外線対策成分 ニュートロックスサン
単品価格 なし(3回継続)
定期購入 初回
2,138円(税込)
2回目以降
6,998円(税込)

公式サイト

レビュー記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です